カナダ大使館地下1階、「Beau depart ボウ・デパール青山倶楽部」で記念日ランチ

毎年、3月にはちょっとした記念日ディナーを
最近は夜の外出がつらいので、今年はランチに変更♪

カナダ大使館地下1階にある、
Beau depart ボウ・デパール青山倶楽部へ伺いました

今年10月にオープンしたそう
フランス料理に和のエッセンスを融合した
「フランコ・ジャポネ」スタイルのお料理がいただけるとのこと

本店は京都にあるんですね
結婚式にもよく使われているようで、内装は豪華なつくり
ウェイティングスペースで一息

シェフは、「アピシウス」等で修業、
「新橋ミクニ」料理長、青山「ブノワ」副料理長、
「グラース」を経た蜂須賀 喜八郎氏

私は、モモのノンアルコールカクテルから
ももの濃厚な甘さと炭酸の爽快さが心地いい

旦那さまは、軽めの白からスタート

アミューズは、「チェリートマトのシェリービネガーマリネ」
甘いトマトはみずみずしく、シェリービネガーの酸味と合う!
トマト好きにはたまらない一品

本日のポタージュは、「新玉ねぎのピュアヴルーテ」
何と、水は一滴も使用しておらず、
新玉ねぎの水分だけで仕上げたのだそう

新玉ねぎ独特の甘さが美味、黒コショウがアクセントに

こちらは旦那さまの前菜、「スコッチサーモンのタルタルト」

私は今スモークサーモンが食べられないので、
ボタンエビと5色大根、カラスミのヨーグルトソースの前菜に
変更していただきました

えびのねっとりとした甘さにしゃっきりとした大根、
濃厚なカラスミが全体に塩気を添えて、素晴らしいハーモニーに

大根とカラスミの組合せは、間違いないですよね

メインは2人とも「豚バラ肉のコンフィ マスタード風味のジュ」
ちなみにお魚は、鮮魚のスナッケ 菜の花のピュレとブイヨンでした

ソラマメやグリーンピースに春を感じます
豚バラなのにしつこくなく、
酸味のきいたマスタード風味のソースでむしろ爽やか
添えられたキャベツ&オレンジの風味もアクセントに

かけられたパン粉はサクサクと軽い口当たり
この日のお料理で一番のお気に入り

パンは、好みの酸味があるカンパーニュでした

お米料理は、「白魚と蕗(ふき)のリーゾ」
コースの流れをみていても分かりますが、
かなり和のエッセンスを取り入れています

全体的に、重たくなく最後までいただけるのがうれしい!!

サックリと揚がった白魚に蕗の爽やかな香り
和食屋さんに来た気分♪

デザートの「マニコッチ イチゴとハチミツとアーモンド、レモンのソルベ」
こちらは、チュニジアのデザートだったかな??

サクサクとした食感が楽しい!崩していただきます
一見揚げ菓子なのでくどいかな?と思うけど、
添えられたレモンソルベで意外とさっぱり

花びらの演出も素敵

最後は、フレッシュミントやレモングラスのハーブティーと

一口サイズのマカロン、紅茶の焼き菓子で終了

お料理も接客も非常に満足いくものでしたが、
店内が満席だからか?お料理の出てくるテンポが
かなりゆったりしているので時間に余裕のある時の訪問がおすすめ

たっぷり2時間は滞在したかな?

個室もあるようなので、家族が増えても使いやすそう!
この後は、気になるお店を訪ねてドイツ文化会館へ移動しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする