色にびっくり?!ヌードルと旬な牡蠣のとろとろ焼き、1月のタイ料理教室その2

今月のタイ料理教室ティッチャイタイフード2回目は、タイ人シェフピーカオのレッスン
大好きなピーカオの家庭料理に今回もわくわくです

いつも通りかわいいお花たちが出迎えてくれました♪

さて、この日のメニューは

☆イエンタフォー(腐乳ソースのタイヌードル)
☆オースワン(牡蠣のとろとろ焼き)
☆マンチュアム(いものシロップ煮)

突然ですが、こちらは何でしょうか?

実は、豚の血(が固まったもの)
イエンタフォーには、こちらが具として入ります

日本ではあまり血を食べる文化がないので、
タイ料理店でもあまり見かけないメニュー

じっくりかけて作ったスープ♪日本のラーメンに似てますね

イエンタフォーの特徴といえば、やっぱり色でしょうか

ピンク色をしているのは、紅腐乳を使っているから
タイスキの回でも、タレは腐乳ベースでした

腐乳とは、豆腐に麹をつけて発酵させたものです

一瞬、ピンク色にどきっとなるので、オーダーするのにちょっと勇気がいるかも
といっても、日本でイエンタフォーを食べられるところはあまりないかな

ちなみに、中国の客家料理の影響を受けたメニューだそう

ピーカオのイエンタフォーはとにかく豪華!
ワンタンにイカ、厚揚げ、海老、ルークチン(魚のすり身団子)、クラゲや青梗菜など具だくさん

ソースのコクと酸味が美味しいんです

こちらは旬の牡蠣!何度かあたったことがありますが・・・(汗)大好き

牡蠣を使って作ったのは、オースワン(牡蠣のとろとろ焼き)
5月の台湾で食べた?仔煎に似てますね

ぷるぷるとしたやわらかな食感がたまらない!
牡蠣の旨味もたっぷり

手軽にできて、ボリュームたっぷりなので
家での登場回数が多くなりそう

いものシロップ煮のマンチュアムはタイ仕様の甘さ
上にかかっているのは、塩味のココナッツソース

一緒に食べるのがポイントですね

常温だとかなり甘く感じたけど
家で冷やして食べたらちょうどよかった

冷やすと甘さが鈍りますね
そう考えると、アイスって恐ろしい~・・・

キレイに並べて♪

冷めないうちにいただきたいお料理なので
もくもくと箸を運んでしまいました

美味しいタイ料理が食べられてシアワセ
ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする