寧波生煎包と金峰魯肉飯で朝ごはん、GW高雄・台北(子連れ旅行)その27

東門市場→南門市場へは地下鉄で移動
ここで、弟と旦那さま、息子と無事合流

まずは、中正紀念堂駅3番出口すぐのところにある寧波生煎包へ

地元の方のみのローカルなお店
おじさんが次から次へと焼いています

ちなみに、鮮肉包(肉)、高麗菜(キャベツ)、韮菜(ニラ)などの
種類がありますが、この日はキャベツがなかったかな?

もくもく~さっぱりしていて具がぎっしり
お値段もお手頃で満足です

あっさりしているからか、息子も気に入ってました

その足で、斜向かいにある有名店「金峰魯肉飯」へ
以前から行きたいと思っていたけれど、
いつも南門市場の買い出しに夢中で
立ち寄れなかったお店

店内は混雑していたけれど、すぐに案内されました

まずは、定番の魯肉飯小サイズ
しいたけの旨味がたっぷりで、とにかく美味!!

コクがあるのに、くどくありません

もちろん、一人一つ魯鴨蛋を付けて
魯肉飯とぴったり

こちらは、春雨バージョン
隣の席の台湾人の方が頼んでいて思わず注文

つるつるとした春雨にお肉がマッチ
私は白米バージョンよりもこちらのがお気に入りに

この後は、日本のお友達と南門市場で待ち合わせて
一緒にお買いものです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする