心が温かくなった旧市街の宿「Pak Chiang Mai」、チェンマイ&バンコクその3

記事の前に・・・

ニュースでご存じの方もいらっしゃると思いますが、
現在タイでは洪水が深刻な問題になっています

私たちが滞在した前日には、チェンマイのピン川が氾濫
周辺には数日近づけませんでした
その後、水は引きましたが今はアユタヤやバンコク等
タイの各地が危険な状態です

また、現地にお住まいの方、旅行中の方、
タイを訪れるすべての方、お気をつけてお過ごしください

人の力の及ばない、自然災害
私自身はどうすることもできませんが、
これ以上、被害が拡大しないことを願うばかりです

————————————————————-

送迎車に乗って、向かった先は宿泊先のPak Chiang Mai
本当はホテルにしようと思ったんですが、
世界中の旅行者からあまりにも評判がよかったので宿泊してみることに

予約時、私たちは関係ないですが
「性を目的としたタイへの旅行者の方は宿泊できません
発覚した場合は、警察沙汰も」等の注意事項が送られてきます
オーナーは女性の方なので、セキュリティや
そういった面でもきちんとされていて好感が持てました

煩わしいと感じる方もいるかもしれませんが、
宿の雰囲気を保つ以上当然のことですね

緑がいっぱい!味わいのある場所です

まずは、コートヤードでチェックイン
旧市街にあるのに、落ち着いた雰囲気がいい

リビングスペースで飲むビールも気持ちよかった

小さい滝?もあって、落ち着いています

ちなみに、お部屋にはテレビ、冷蔵庫がありません
でも共有スペースの冷蔵庫にはお水あり
チャージはかからず、好きな時に飲めるようになっているので
不便は感じません(宿自体がそんなに広くないので)
蚊よけクリームやお菓子もあり

宿内では瓶の水を
外出するときには、ペットボトルの水を飲んでね!と書いてあります

私たちは2階のお部屋(幸運にもアップグレードしてもらいました♪)

パソコンもあるので、調べ物は便利
(日本語メール等は、文字化けして不可)

世界中の旅行者との写真がいっぱい♪
みんな楽しそう!
夜の外出は(9時以降だったかな?)門が閉まってしまいますが、
鍵にICチップ?!が埋め込んであり
裏口にタッチすると反応して開く仕組み
(利用してないのでわかりませんが、説明は受けたので・・・)

今回の旅では、3つ宿泊先を滞在目的別にセレクトしたのですが
それぞれいいところがあってよかった

残り2つは、フォーシーズンズリゾートと
バンコクのサービスアパートメント
全く違うタイプですね

長くなってしまったので、パックチェンマイのお部屋紹介は次回に♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする