VATの還付と最終ご飯、チェンマイ&バンコク最終回

荷物をつめて、11時ごろにチェックアウト
タクシーでパヤータイまで行ったら、行きと同じエアポートリンクに乗って空港へ!

渋滞がないだけスイスイ♪まずはVATのカウンターへ
VATとは、付加価値税のこと
タイで外国人旅行者が一定の条件を満たした買いものをすると、
少しお金が戻ってきます

が、自分で申請しないといけないので注意
条件はいろいろあるので確認することも必要
例えば、VAT REFUND FOR TOURISTの表示店で同日2000B以上買い物をすること、
旅の間、その合計が5000Bを超えていること、
さらには、購入時にお店でパスポートを提示、VAT還付申請用紙を作ることなどなど

手続きが複雑ですが、なれれば大丈夫

まずは、チェックイン前に税関で購入した商品、還付申請用紙、
インボイスを提示してスタンプをGET

飛行機出発前に、出発ロビーのVATカンプ窓口があるのでそこでお金を受け取ります♪

還付総額が3万バーツ以下は、バーツのみ(手数料も取られますよ~)
出発ロビーでバーツを渡されても、
次回の旅行にとっておくか、コーヒーを飲むしかないという・・・

奥が払い戻し場所

我が家は、コーヒーやビールを飲んだり
マンゴーアイス食べて使っちゃいました(笑)

さて、還付をもらう前の出来事で時間が前後しますが、
バンコク最後の食事は空港内のMagic FOOD Point

実はココ、空港職員向けの社員食堂(クーポン式のフードコート)
空港なのに、30B程度(100円以下)でタイ料理が満喫できます
一般の旅行客でも利用できますよ♪場所は、1階

まずは、並んでクーポン200B分を購入
使わなかった分は、帰りに申告すると現金でもどってきます!

広いけれど、かなりの人、人、人

いろいろなご飯があって、迷っちゃう!

私は辛いレッドカレーに揚げ目玉焼きや炒め物
おかずの種類によって値段が違います!屋台より清潔で安心

特に左のカレーが美味しかった!

旦那さまはセレクトミスって言ってました(笑)

もちろん、食後にはデザートも♪見てるだけで楽しくなりますね

いろいろな具材が入ったかき氷!フルーツやお豆が合う

そんなことをしているうちに、いつしか出発
機内でも、タイを忘れたくないとシンハーを(笑)

タイへは約6時間のフライト
映画をみたり、仮眠をとったりして過ごしました

機内食は海老チャーハンか

お魚!海老チャーハンが正解でしたね・・・

あっという間に、羽田到着

今回は初の海で遊ばないタイ旅行!
行く前は、やっぱり海がよかったかなぁ、なんて思ったりもしましたが
行ってみたら、今まで以上にタイを知ることができてよかった!

やっぱり、私はタイが大好き!
理由はいろいろあるけど、ないような気も(笑)

自分メモを綴ったので、今回は長くなってしまいましたが
最後までお付き合いありがとうございました^^

これにて、2011チェンマイ&バンコク編終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする