記憶に残る新鶴本店の和菓子、長野諏訪旅行(子連れ旅行)その3

諏訪大社の下社秋宮のすぐ横にある、新鶴本店
こちらの塩羊羹をいただいたことがあって、
とても美味しかったので翌日訪問しました

朝の9時だというのに、次々と人がはいっていきます
次第に空いてきたので、
伺って写真をとらせていただきました

どれを選ぼうか迷ってしまうほど、
美味しそうな和菓子

飛ぶように売れていたのが、
こちらの「新鶴もちまん」
一ついただきましたが、
なめらかで透き通るようなおもちの中に
上品なこしあんがたっぷり

やわらかでふくよかな味わいが印象的

季節限定のしぐれは、しっとりとした口当たり

抹茶そぼろのほろにがさが美味しい、求肥

こちらを代表する、塩羊羹
羊羹ってもっと日持ちするイメージですが、
新鶴のものは冬場で7日間ほど

なんと、薪を焚いて昔ながらの手法で練り上げているそう
お店では2人用?くらいのとても小さなサイズがあるのだけど、
販売は11時からだそうで・・・

今回は和菓子だけにしました

お店を後にして、御柱の木落とし坂

思ったより坂の幅は広くなく、急でした

ここを滑っていくんですね

テレビでしかみたことがないけど、
一度、本物をみてみたいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする