ゆず湯と我が家で忘年会

冬至の日は、決まってゆず湯
小さいころから、香りをつけたくて
湯船につかるとゆずをごしごし
でも、肌が負けてしまって上がるころにはひりひりが

大人になってからも、学習せずに毎年この繰り返し
でも、本当にぽかぽか幸せ

さて、昨夜は我が家で音楽関係の友人とともに忘年会

まずは実家(地酒専門店)によって、日本酒の買出し
ああでもない、こうでもないと試飲しながら決めたのは、
不動の裏バージョンと花泉

その後、他の友人たちとも合流してさっそく宴
おつまみ系がつづきます

築地の寿屋で買った、特製えいひれやいいだこのあぶり

居酒屋風の特製大根サラダ、いぶりがっこのマスカルポーネチーズ添えのほか
パルマ産生ハムも

ばたばたしていて、あんまり写真がない・・・すみません
あったか~い湯豆腐のあとは、本日のメイン
あのブルータスのお取り寄せで1位にも輝いた
鹿児島地鶏のタタキ

皮は焼いてあるけれど、中は生なのです
抗生物質や、ホルモン剤、化学物質の入ったえさを一切与えず
霧島連山のもとですくすく育った親鳥
発送日当日にしめて、そのまま送ってくれるなんともフレッシュな逸品

にわといやのふくなが」さんで購入しました
ちなみに、こちらは約2.4キロ
特製たれ、代引き、送料こみで5,125円とお値段もとっても良心的です

とにかく大きいので解体がむずかしい
旦那さま、鳥と格闘中w

説明書がついていたので、何とか無事にさばけました
解体すると、胸はここか~とか、
ササミってこの部分なのね!とか、分かって面白い

さて、あっさりとした特製たれをつけて口の中へ
臭みは全くナシ!締まった筋肉の中からあふれ出る旨みはさすがの一言

みんなで、アレコレ賛美しながらつつきました

一応、クリスマスっぽく鳥がメインだった忘年会
おつかれさまでした~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする