念願の「足立美術館」へ!鳥取・島根(子連れ旅行)2

島根に行ってみたかった一番の理由は
「足立美術館」の日本庭園を見たかったから

昔からお庭が大好きでいろいろと見てきましたが、
アメリカの日本庭園専門誌で15年連続日本一に選ばれた
足立美術館へは行ったことがなかったんです

枯山水庭、苔庭、池庭など
5万坪にある6つの庭園は、
季節によってその表情を変えますが、
庭師の方々の努力によって、常に美しく保たれています

基本は、ガラス越しに庭園を見るスタイルですが、
とても広く、順路もよく考えられているので
ストレスはありません

一番見てみたかった、「生の掛け軸」

実は壁が抜けていて、
一枚の絵のように、お庭を見ることができるんです

壁一枚の向こうには、生命の息吹が感じられる
完璧なまでの美しい世界をみることができます

呼吸をするのを忘れてしまうほどの静寂

訪れた時は初夏でしたが、
季節ごとに訪れてみたいですね

息子もお庭が大好きなので、
楽しそうに見学しながら歩いていました

平日だからか、そこまで混んでいなかったのもよかった
本当は朝一に来て、ぼーっと眺めてみたい(笑)

お庭はもちろん、コレクションも素晴らしいもの
横山大観をはじめ、平山郁夫、北大路魯山人など
非常に見応えがありました

しっかりと見学するなら、一日がかりかも?

念願の足立美術館を訪れることができて
本当に幸せな時間でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする