ローカルなバーチウ市場でマニアなお買いもの、ホーチミンその4

さて、迎えた2日目!早起きして行動開始

一応朝食会場に行ったけど、イマイチだったので
チェックしておいた外のご飯屋さんで食べることに

その前にローカルな市場へお買いもの
その名も「バーチウ市場」
現地在住の方のブログで拝見して以来、地元感満載の雰囲気がとっても気になっていたんです

場所は、ドンコイ通りから見て北方面
タクシーでも7~8万ドンくらいだったかな?

とにかくホーチミンはバイクが多い

現地の方も、マスク必須のよう
空港に到着して以来、私たちものどがイガイガしてましたよ~

ちなみに、こういう道を歩いて渡らなければいけないのが
はじめは結構ストレスでしたが、いつのまにか大丈夫に(笑)

注意することは、
・絶対止まらない、走らない
・ゆっくり歩き、スピードを変えない!
・バイクや来る方向を見る

という感じでしょうか?
しっかり心を持って渡らないと事故にあいますね

さてさて、バーチウ市場に到着♪
日本人はもちろん、観光客が一人もいませんでした
外国人と出会わない市場、珍しいですね
それくらいローカル・・・

右わきの道はフルーツ屋さん

奥に進むと屋台がずらり
が、市場の中の道をバイクがお構いなしに走っていきます(笑)

市場の裏道路、バイクがスゴすぎる・・・
こんな量のバイク、人生ではじめて

お目当てのドーボー屋さん(パジャマ?)は
土曜日はクローズのようで残念

周辺にいくつか同じようなドーボー屋さんがあったので
シンプルなものを一つ購入
12万ドンくらいだったかな?夏のルームウェアとして活躍の予感

同じならびに、キッチン道具屋さんが~!!
吸い込まれるように入りました

いろいろぶる下がってます
もちろん、ベトナム語しか通じませんが、
料理好きなのが伝わったようで、
身振り手振り&日本から持参した写真で
お目当ての品をお店の方が探してきてくれました

他の市場のように、ふっかけられることはなく、価格はとっても良心的

購入したものは、まな板、プラ食器10枚セット、麺をゆでる時のかご
それと花鍋用の鍋

全部で30万ドンちょっとのところ、30万ドンにしてくれました♪

ちなみに、花鍋用の鍋とは▼コレ▼のこと

真ん中にスープを入れて、外側にお野菜やお肉が置けるんです
見た目もきれいだし、とっても便利!

日本では4倍くらいのお値段していたので、即購入

時間が経つにつれ、バイクがどこからともなくわいてきます・・・

美味しそうだったので、人のよさそうなおばちゃんのお店で
マンゴスチンを500g購入
袋に入れる時も、中身の詰まり具合を確認して入れてくれました

ジューシーで上品な甘さがたまらない!
今まで食べたマンゴスチンの中で一番かも

冷やして食べると最高!おばちゃん、素敵なフルーツありがとう♪

買い物が終わって時計を見ると、まだ9時半・・・
遅い朝ご飯?を食べに中心地にむかいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする