シビれる美味しさ!小岩「四川家庭料理 珍々」

辛いもの好きのお友達たちと、久しぶりに小岩の「珍々」へ

予約をしていって大正解
かなりの人数、お断りされていました

席数が限られているので、
行くときは予約が無難です

この日は、コースのお客さまがいたらしく
お母さんが「アラカルトにないものもあるよ」と一言

タイミングがよかった!
こちらはメニューにない、スペアリブとじゃがいもの煮込み

一見、中華?と思ったのだけど、
しっかりと花椒(ホワジャオ)が効いていて
煮込みがこうなるのか!と驚き

「とにかく季節だから!」とプッシュされた
空心菜の炒め物

無難に美味しいです

やっぱり火力が違うのかシャッキリ

こちらもおすすめの家郷鶏
上に載ってるのは、ピーマンではなく、青唐辛子

爽やかな辛さが清々しい一品

この日、一番のヒットだった泡菜魚
ちなみにこちらのお料理は、完全予約制

時価になるのだけど、だいたい3000円前後かな
辛くて酸味のきいた魚の煮込みで、
季節だからか、実山椒もたっぷり入っていて本当にシビれます(笑)

お魚の良い出汁と辛さ、そして酸味のバランスが最高!

もっちもちの水餃子
こちらのタレもしびれる辛さ

野菜が食べたいな、ということで
季節の一品、ズッキーニの炒め物

辛さの最後は、四川担々麺(汁なしタイプ)
辛さに弱い方には全くおすすめできないけれど、
大好きな人にはたまらないお店

お母さんのお人柄もサバサバしていて好き

あるとラッキーな、特製ラー油
ちなみにこちらはお一つ1,200円

正統派のシビれるラー油で
一本あると重宝します

この日もみんなでたくさんおしゃべりをして楽しい会に

夏の辛いお料理は最高です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする