久しぶりのソンブーンで最後の食事、2013チェンマイ&バンコクその21

バンコクを訪れる日本人の間では一番知られているんじゃないか?思うくらい
有名なシーフードの店「ソンブーン」

いつもなんとなく食べたいな~と思うのだけど、
タイミングが悪くてここ数年は訪問せず

久しぶりでちょっとうれしい

ソンブーンと言えば・・・
代名詞とも言えるプーパッポンカリー(カニのとろとろ卵カレー炒め)

お店の裏?にはカニさんが並んでます

いろいろと支店があるけれど、今回の支店は
ホテルからでも徒歩ですぐ行けたのでラクラク

ここまできたら、やっぱり外せないプーパッポンカリー
私はカニの殻むきが苦手(かなり手が汚れる)なので注文時、
いつもヌアプー(殻なし)でオーダーしちゃいます
手間がかかる分?ちょっと値段はアップ

ソンブーンのプーパッポンカリーは油がきつめだけど、
自分で作る時もこの油の重要性は確かに感じるので、
あまりこの料理に関しては気になりません

カニを包む穏やかなカレー風味、そして全体を包む卵

なんだかんだ言って、やっぱりソンブーンのプーパッポンカリーは
一つのカタチなんだなぁって思う

日本人だとご飯に合わせたくなる味!

やっぱりタイに来たら大好きな牡蠣を食べないと~♪
小ぶりの牡蠣がたっぷりと入ったオースワン(牡蠣のとろとろ焼き)

もやしのしゃきしゃき感とぷるぷる生地が相性バツグン!!

ソンブーンのオースワンは初めて食べたけど好みの味♪

最後は、ヨートマラワーンファイデーン(ハヤトウリの新芽の炒め物)
にんにくと唐辛子ががっつり、シャっキリとした食感が美味

ちなみに、会計は現金のみなので注意です

大満足でホテルへ~そして地獄のパッキング
大きいスーツケース2つ空できたのに、
やっぱり今回もいっぱい&手荷物がすごすぎ

たぶん2人で70kgは確実にあった・・・
まぁ、器とかお米とか、調味料とか、重いものばっかり買うからいけないんだけど

最後は空港でいつものマジックフードポイント

またまたいつもの屋台でタプティムクローブ(くわいのデザート)をたのんでほっと一息

今回の旅もあっという間に終わる・・・
この瞬間、いつも切ないな

予定通りに日本到着、帰路につきました~

今回のバンコクは、タイ語をがんばって自分なりに話せたのでよかった
次までにはもっと上達しないと

次は自分メモで購入したタイ製品をアップします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする