デジタルアートの冒険へ♪お台場「チームラボ ボーダレス」

ずっと行ってみたかった、お台場にある
森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス

とにかく、混雑していると聞いていたので、
夏休み明けの平日に、子供と2人で挑戦してきました

チケットはネット事前予約のため、
当日は雨だったものの決行

入場ですら一時間以上待つ、といった情報もありましたが、
私が行ったオープン10時ちょうどは列もなく、すぐに入ることができました

さらに、なぜか?台風予報もあったのか、
この日は全然人がいなく、大人気のランプの森さえ待ち時間ゼロ

受付をしていた方も、こんなことは初めてに等しいくらいとおっしゃっていました
ほとんど人のいないランプの森で息子と2人
光の部屋を歩きます

鏡に映った灯は、どこか温もりがあり幻想的

自分がどこを歩いているのか、
何を頼りに進むのか、
途中からわからなくなるほど(人がいないので余計にそう思ったのかも)

無数のランプが面白かったようで、
連続で何回も入場

その時ごとに色が変わり、表情が違うので何度も楽しめる

ただし、一回のお部屋の滞在時間は短いので
混雑しているときは注意が必要かもしれません

お台場のチームラボは、地図がなく
自由に自らの足を使って、冒険していく仕組み

暗い中を進むため、スニーカー&動きやすい恰好で

鏡の部屋などもあるので、女性はパンツスタイルがおすすめ

音が大きい部屋や暗いので
結構泣いているお子さんも多かったかな?

「人々のための岩に憑依する滝」ではしゃぐ息子
冷たくない滝を浴びる感覚

デジタルとアートの面白さがそこにはあります

当たり前ですが、人が少ない美術館ほど
最高なものはありません

自分のペースでじっくり作品をみることのできる幸せ

「花と人の森、埋もれ失いそして生まれる」ではひまわりがいっぱい!
その時々によって、お花が違うのも面白い

そういえば、いっぱいのひまわりってみたことがなかった

「Wander through the Crystal World」はキラキラ
まばゆい世界に入り込んでいく感覚

まるで迷路みたいで、探検気分

そのほか、足元がふわふわする「そして浮遊する巣」や
いろいろな作品をみてきました

ほとんど見ることができたかな??

ある程度、見終わった後は、
子供が大好きな「運動の森」へ

でこぼこ+デジタルの世界

不思議な運動場があるんです

ちなみに、小さい子供だと
写真のように、ふわふわ帽子?を貸し出してくれます

ブロックのまちでは、大きなブロックを自ら移動させることで
街が変化するアトラクション

乗り物もたくさんなので、ずっと遊んでました
男の子はこういうの、特に好き

子供のみができる、光の森の3Dボルダリング
こちらも、人が全くいなかったので
係りのお兄さんが付き添ってくれて
飽きるまで音をならすという・・・

もうちょっと大きなお子さんだと
よじ登ったりできるので楽しめそう

「重力にあらがう生命の森」には
大小さまざまなサイズの風船がいっぱい!!

自分でお絵描きをした動物が、
動くデジタルアートになるものも

写真は撮影できなかったけど、宇宙のトランポリン?
「マルチジャンピング宇宙」も楽しんでいた様子

フルーツの滑り台も終始並んでいなかったので、
20回以上すべってました(笑)

一日かかるかな?と思ったものの、
2時間半ほどですべてを満喫

他にはない、デジタル体験ができるのでおすすめです

次は豊洲のチームラボに行ってきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする