永和小籠包と李家圓仔湯をハシゴ、GW高雄・台北(子連れ旅行)その10

気になっていたお店の一つ、永和小籠包
行ったときは、ちょうど材料が品切れだったらしく
「ちょっと待っててね」と言われてしまい15分後くらいに再訪

皮は厚めでジューシーな庶民的な小籠包
60元というお値段を考えたらアリ

路地を曲がったところにあって、看板もあるから分かりやすい

道路の屋根の下?のような、屋外に店舗はあります

日本人に有名なお店だからか、
常にお客さんも日本人しかいませんでした

残念なことに、既に人はいなかったけれど
お客さんが、持ち込んだ大量のビールの空き缶などの残骸を
ぐちゃぐちゃにテーブルに置いて帰っていて・・・

ビールの持ち込み自体は問題はないと思いますが
いたるところに飲み物がこぼれ、飛び散っていたりと本当にヒドイ

おじさんがお一人で作って、配膳&接客もされているので片付けが大変そう
良心的なお値段で一生懸命されているので
最低限のマナーは守ってほしいと思ったのでした

デザートでやってきたのは、李家圓仔湯
第一市場の入り口にあって、
特に看板はないので見過ごしてしまいがち

かき氷は一種類で、「八寶冰」のみという潔さ
あんこのほか、タロイモの煮物など8種類の具入り
かき氷の下に隠れているので、掘り進めるのも楽しい!

もちもちした食感の湯圓(白玉のようなもの)がアクセントに
やさしい甘さで、私は大好きな味でした

特に女性が好きなバランスだなと思います

食べてばっかりだったので、観光も♪
定番の蓮池潭周辺へ

ちなみに、パワースポットとして大変有名

龍虎塔は観光名所なので、人がたくさん!

災いを落とし、福を待つには龍から入って虎から出ます!
(中はつながってます)
間違っても、反対側から侵入しないように

病気に関するお願いをしたかったので
すぐ近くにあるお医者さんの神様を祀る
「慈済宮」にも足を運びました

蓮池潭周辺はと~っても広いので、散歩にも

私たちは1時間半くらい歩き回っていたかな?
息子はその間、ベビーカーでスヤスヤしてました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする