「生元中医診所」に行ってみました!GW高雄・台北(子連れ旅行)その24

どこが悪いというわけではないけれど、
何となく体調がすぐれないという旦那さま

定期的に検査はきちんとしているのだけど、
それなら漢方はどうかと思って、いろいろ検索

結果、迪化街の近くに日本語の通訳の方がいる
中医の薬局があることがわかりました

なかなか評判もよさそうだったので訪問
実は、午前中に寄ったところ、先生は午後からとのことで再訪
診察料(300元=約1,000円)+お薬代がかかります

到着すると、2~3人並んでいました
予約はできなかったので、混雑はタイミングによるそう

一人当たり10~15分程度なので、待つこともあるかもしれません

お店には、瓶がずらりと並んでいます
私たちが待っている間にも、
地元の方がひっきりなしに訪れていました

事前に記入する書類~先生のお言葉に加え、お薬受け渡しまで
日本語がわかる方がしっかりとついていてくれるので
言葉に対する不安は一切なし

天井も豪華な装飾

やっと順番が回ってきました!
診察は脈診です

旦那さまの手首に触れて、次々と診断してくれる先生
ここの調子が良くないですね等、きっぱりとおっしゃってくれます

不調の的確な診断もしてくれてスゴイ!
この時に、診断書を渡してくれて
お薬は約一か月分まずは出されるよう

ちなみに、処方が違うので人によってお値段は違います
旦那さまのお薬は、一か月分で1万円しませんでした

大きさが伝わらないけれど、すっごく大きな容器に
大量の漢方薬が入っていてびっくり

付属の小さじ?で適量を食事のたびに飲んでくださいと言われたけど
これ一か月分じゃない・・・です
きちんと飲んでも消費に数か月かかったのでコスパはいいのかも

ちなみにお値段が高いなと感じたら、半月分とか1週間分とかにすることも可能

また、お薬を続けたい場合は
データがきちんと管理されているので
日本から連絡すれば送ってくれるとのこと

旦那さまいわく、何となく調子がよくなったらしい
漢方はじっくり時間をかけて経過をみていく&判断は自己責任なので何とも言えないけど
身体にはあっている様子!

もともと漢方は初めてで、お試し的な要素が強かったのですが、
日本に比べてリーズナブルに体験できてよかったです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする