バナナの葉で包んだお弁当「ランプライス」、スリランカ料理教室

ずっと習いたかった、ランプライスを
アハサ食堂さんで習ってきました

ランプライスの綴りは、「Lamprais」←お米のライスじゃない
オランダ人とスリランカ人の混血のダッチバーガーと呼ばれる方たちが
生み出したお弁当なんだとか♪

ランパーはマレー語の包むという意味だそう

バナナの葉を並べて、定番の具を作ります

お弁当の具なので、それぞれちょっぴり甘め
しっかりと揚げるなど、工夫があります

揚げ茄子のビネガーマリネ、ブリンジャルパヒは酸味が美味

コロコロと小さいサイズのフリッカデルズは
メンチカツコロッケのようなもの

お持ち帰りもしたのだけど、
息子がパクついてました

ご飯もスパイスで炊いてあるので、
と~っても香りが豊か

玉ねぎの甘辛炒めのシーニサンボル、
しっかり甘いんだけど、後から辛味がきます

他の具材と混ぜるといいアクセントに

えびとココナッツの甘いふるかけのブラチャン、
香ばしい干しエビの風味が最高

日本でいうと、でんぶみたい?!

メインのカレーもお弁当なので汁が少なめ

これなら、日本のお弁当にも入れられそう
酸味でさっぱりいただけます

ご飯を中央に置いて、いろいろな具を盛り付けたら・・・

くるんと巻いて出来上がり!

おかずが混ざり合うのもこれまた美味

先生が用意してくれたデザートを食べて♪

この日もワイワイ楽しいお教室でした!
ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする