リストランテ「ターナ」で美しいイタリアン、2012箱根家族旅行2

お昼を食べた後は、中川一政美術館

何枚も描かれた、心沸き立つバラの絵が印象的でした

この日のお宿はエクシブ 箱根離宮

エクシブはいくつか行ったことがあるけれど、離宮は初めてなのでどきどき
ステキなお部屋の様子は次回♪

この日のディナーはホテル内にある
リストランテ イタリア料理のTanaターナに伺いました

全室個室なので、ゆっくりできていいですね

飲み物は、おすすめのポールジロー スパークリング グレープジュース2011
ユニ・ブラン種100%の無添加スパークリングジュースだそう

すっきりとした甘さと、ほどよい炭酸が美味

まずは、お野菜から
ガラスの器で、鮮やかなお野菜&お花がたっぷり登場

バーニャカウダ風とオリーブオイルベースの2種のソースで

フランス産コニッリオ うさぎとカロータのミルフィーユ
~25年熟成、アチュート・バルサミコと共に~

あっさりとしたうさぎをキャロットのスプーマで!
さすがにバルサミコ25年ものとなると深みがちがう
そのもので、すべての食材を包んでしまう存在感
角のとれた丸いお味、食感もとろりとしたもの

ラーバ「蕪」のバリエーションは3つ
ポタージュはやさしい甘さ、上にのったパリパリのえびせんがアクセント

うにといくらのせ
蒸した蕪の少しくたっとした食感も好き

こちらはキャビアがのって登場

真鯛の燻製と白子のフリッテッラ~黒トリュフの香り~
鮮やかな赤の器で

ふわふわの白子のフリット♪たまりません

パンは、軽い食感のホイップバターや玉ねぎジャムなどと一緒に

ランド産フォアグラと菊芋のカラマーリ
フォアグラと菊芋、そしてパスタのカラマーリは初めての組み合わせ

どれも主張の強い食材だけれど、バランスがとれていました

沼津港直送、手長海老と金目大のパートブリック包み~ポルチーニ・フレーヴァー~
気品のあるポルチーニの香りをまとった、ぷりぷりの手長海老

サクサクとした食感も楽しい♪

こちらは、谷口ファーム野菜の一皿~冬の訪れ、蝦夷鮑を添えて~
鮑がやわらか、お野菜もたっぷり!調和のとれたソースが重くなくていい♪

最後は、北海道知床産、蝦夷鹿を2種の調理法で
~アッローストとストゥファーレ~

旨みのぎゅぎゅっと詰まったシカ肉!
お腹がいっぱいだったけれど、2つの味でしっかり最後まで!

デザートは入ってしまうから不思議(笑)
みかんであっさり!飴細工も美しい

コチラはレモンのスフレだったかな?
くた~っとならないうちに、素早く食べます

小菓子はマカロン

最後はカフェで終了

スタートから3時間、たっぷりお料理を満喫
ガラスの器も美しかった

何より家族でゆっくりお食事できたのがよかったです

ごちそうさまでした♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする