山の中でワイルドな象乗り体験、チェンマイ&バンコクその15

象乗りの場所?らしき所に行ったけれど、誰もイナイ(笑)
するとどこからか、バイクにのったお兄さんが現れて、
案内してくれました(いつもの待ち合わせ場所と違った様子)

で、行くといきなり像がどーんと森の中にいます
いや、今までタイに来ると像は毎回のってましたが、
一応ルートというか、コースは決まってたんです

象乗り施設でしたから

でも、今回はなぜか周りに何もない山の中に像さんが(汗)

とにかく像の調教師の方を信じて乗るしかない・・・
でも、安全バーがないので(笑)
うかうかしていると振り落とされそう!!

しっかりと椅子の枠につかまって落ちないようにがんばります(汗)
バランス感覚も必要だし、かなりコワイ

スリルたっぷりです!今まで事故とかなかったのかしら?

象乗り施設と違って、自然の中を歩いて行くので景色は本当に美しい
山の中をひたすら進みます

日よけがないのが辛かった・・・
しかも1時間くらい乗っておりました

途中、高い木に果物がなってたんです

お兄さんが、とって食べるといいよ!的なジェスチャーをしたので
もぎとって、そのまま像の上で食べました(笑)

聞くところによると野生のグァバだそう
美味しかったけど、すごいワイルド!!

像さんもみちくさしたいようで・・・
途中にとうもろし畑とかがあると、そっちにノソノソ

なぎ倒して食べるんですが、
調教師のお兄さんに怒られてた(汗)

象乗りが終わるとそそくさと
民家の中に帰っていく象(笑)

どこからきて、どこにお家があるのかは不明

この草は薬草らしい、ガイドさんに説明していただきました

たどり着いた村では、竹も盛んな様子

屋根をつくってるんだよ~と、ガイドさん

この後は、村で昼食の予定が、
大人の事情?で不可能になったとのこと・・・

結構楽しみにしてたんですが、
何か言っても変わらないので、さくっとあきらめ
提案されたタイガーレストランのビュッフェへ

正直期待していなかったけれど、意外とよかった!

ちょうど昼食ピークの時間にあたって、
補充もきちんとされていたし、出来たてが運ばれてきたのがうれしい

麺もその都度好みのオーダーで作ってくれる

目の前には、ト、トラが・・・
トラじゃらし?で遊んでる(笑)

そう、この後大きなトラと生で触れ合っちゃいます~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする