ワット・プラシンと最大の市場「ガート・ルワン」、チェンマイ&バンコクその23

チェンマイで最も大きい寺院のワット・プラシン
敷地は広大で、沢山の人が訪れても混雑はあまり感じません

かなり大きく、きらびやか
見ているだけで、どこか気持ちが安らぎます

敷地内には僧侶の方が通う学校も併設されていました

「当時はもっと学校フルカッタヨ」
何とドライバーのMさんはそちらに通っていたとのこと!

鮮やかなオレンジ色がまぶしい
授業かしら?

奥には白い建物も

こちらの仏様はグリーンのお身体が美しい

ワット・プラシンはかなり見ごたえがありました!

さて、後に向かったのは、チェンマイ最大の市場
「ガート・ワルン(=ワロロット市場)」

週末にはモン族の市場がたつとのことで
楽しみにしていました

カラフルなかばんがぎっしり
ブルーが美しい小さな斜めがけバッグと
黄色ベースのチャック付き大きめトートを購入

大きなものから小さなものまで、いろいろなタイプがあります

こちらはピンク色のバッグがメイン

モン族の市場を見終わったところで、いよいよ市場内部に
お店がびっしりと並んでいます

こちらのお店は「ボンベイ」というインド関連のお店
スパイスが本当にたくさん!

よく見て買わないと間違えそう・・・

インド製のピュア・オイルも販売しています
気になったけれど、今回は手に取らず

量り売りをしているので、自分の欲しい分だけ購入
カレーリーフやガラムマサラ、
なかなか日本では手に入りづらいビッグカルダモンなどを少しずつ

インド料理を作る際に大活躍しております

乾物屋さんも♪こちらも種類が本当に多い

ドライフルーツや肉厚の干しシイタケを
(左上のとうがらしは別のところで購入)

市場って本当に楽しい!
あっという間にエムさんとの待ち合わせ時間に

この後は赤セラドンを物色してランチへと伺いました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする