驚きと感動!タイ王宮料理の奥深さ、チェンマイ&バンコクその34

ホテル到着後、急いで向かった先はスラサック駅近くのThanying(タンイン)

実はココ、タイ王宮料理の老舗
ラマ7世王妃の厨房長&スタッフが開いたお店で、正統派のお料理がいただけます

ネットで直接予約、少し遅れたにもかかわらずステキな笑顔で迎えてくださいました

品のある店内、落ち着きます

各テーブルに置かれた生花を見ながら、メニューチェック
食べたいものが沢山あって迷う(笑)

シンハーでカンパイ♪

まずは、こちらの名物トムヤムクン

トムヤムクンには、ナーム・コンというココナッツミルク入りと
そうでない、あっさり味のナーム・サーイがありますが、
タンインはナーム・サーイのトムヤムクン

ハーブの香りが浮き立つような、あっさりとした仕上がり
コクはしっかりあるのに、後味がすっきり

澄んだスープからつむぎだす、美しい食材のハーモニー
今まで、トムヤムクンを何軒も食べてきましたが
こんなにも上品で、香り立つものははじめて

衝撃的なお味に、他の料理も期待大

サラダはヤム・ソムオー

柑橘系のザボンを使った、フルーティーなサラダです
ザボンが日本にはないので注文!!

グレープフルーツに似たお味ですが、
海老やナンプラー、唐辛子などとこんなに合うんですね~

ご飯は大好きなもち米♪

旦那さまお気に入りのタイ料理、海老すり身の揚げものトート・マン・グン

一口食べた瞬間に衝撃が!!
厚みからも分かるようにしっかりぷりっとした歯ごたえ、
そして、口の中に広がる海老の香り

トート・マン・グンてこんなに美味しかったっけ?
思わず確認したほど、素晴らしいお味でした

香りの秘密は、海老の殻ではないかと・・・
すり身の中に、細かな赤が見えたので、どうやらすりつぶして入れているよう

これはちょっと・・・美味しすぎました(笑)

お次は、ガイ・ホー・バイ・トゥーイ
鶏肉のチリソース漬け、パンダンの葉包み揚げですね

パンダンリーフの香りに、ぎゅっと身がしまった鶏肉
お味が中までしっかりと染みていて、こちらもおすすめの一品

カレーも美味しいとのことで、ローストダックのレッドカレーを!
ハート型のパイナップルが入っていてカワイイ♪

酸味、甘味、辛味、塩味のバランスが絶妙

デザートはかぼちゃのココナッツミルク添え
ホクホク、しっとり、味もしっかりしみている

どうやったら、こんなにカボチャを上手に煮ることができるのかな?

正統派の王宮料理は、初めて食べましたが
どれも本当に美味しくて、ハズレがない

辛くもないので、苦手な人も十分に王宮料理なら楽しめるかと

バンコクを訪れたら必ず寄りたい一軒に巡り合えました♪

この日は帰って、次の日に備え即就寝

ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする