源光庵の悟りの窓、その先には紅葉が、美味しい関西10

ずっと前から行きたかった源光庵

過去何度も行こうと思ったものの、修繕中で入れなかったり
タイミングが合わなかったりと、訪れることがなかった場所

今回、念願かなって訪れることができました

ゆっくり見たかったので、朝一ねらい!

本堂が建てられたのは、元録7年のこと

一足踏み入れると、そこには奥深い正解が広がっていました
これぞ京都で見たかった紅葉

紅葉の色、陰と光のバランス
どこから見ても素晴らしい

来てよかったと素直に思う瞬間

庭園は枯山水

苔がかわいい♪ずっと見ていられます

こんなかわいらしいものも、煙がゆらゆら

と、ここまで盛りあがってしまいましたが、
源光庵さんで有名なのは「悟りの窓」と「迷いの窓」ですよね

朝一にもかかわらず、人はいましたが
時間がたつにつれ結構な混雑に

本当に朝早く来てよかった

こちら、円形の悟りの窓は「禅と円通」の心を表現したもの
円は大宇宙を表しているそう

しばし、呆然としてしまう

まるで一枚の絵、そして一つの世界

角型の「迷いの窓」は人間の生涯を象徴したもの

窓を越えて、目をその先へ

じっくりと向き合える、そんな空間

今回の京都の旅で、一番感動した場所が源光庵でした

庭園に加え、窓の世界の壮大さが素晴らしい

また、伺いたいと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする