活気あふれるリトルインディア&中華街を散策、チェンマイ&バンコクその38

ワットポーを出て、歩いてリトルインディアへ
ちょっと寂しい人通りにどきどき・・・

しばらく行くと、大きなショッピングセンター
「オールドサイアム」が見えてきてほっと一息!!

道路向こうの建物です

反対には、リトルインディアで知られるパフラット市場が位置

路地を進んでいきます♪
すれ違う人の70%くらいはインドの方々

インド食品や雑貨のお店のほか、屋台もいっぱい

色とりどりのインド菓子
甘そうだけど、興味あり

行きたかったお店は、混んでいて入れなかったので
近くのインドレストラン?へ

店先で揚げものやチャイも作ってくれます

よくわからなかったので、サモサと何か、そしてチャイをオーダー

サモサ、やっぱり美味しい~!!リトルインディア万歳
スパイス使い、香りの出し方が違う
このレベルは、もう感覚なのだろうなぁ

チャイも甘さ控えめでうれしい
ターリー(インド定食)もありましたよ

よく売れてたけど、これは何だったのかな??

ちょっと歩きそうだったので、中華街はタクシーで

が・・・大渋滞発生
中華街のヤワラーはいつもこんな感じみたい

やっとのことでメインストリートに到着!

どうしても行きたいお店があったので、イッサラヌパープ通り
中華街訪れたことがある方は、生鮮食品がいっぱいあって
ごちゃごちゃした通りと言えば分かるかな??

出発前、スパイスを購入しようといろいろ調べていたら
タイで有名なオシャレスパイス店THE SPICE STORYがヒット

実はココ、タイではよく知られている
Nguan soonという会社が手がけているとのこと
会社を調べていたら、Googleのバンコク地図で他の店舗を偶然発見

中華街の本社?には、瓶に入ったオシャレスパイスではなく
実用的な袋入りのもの等が売っているらしい

ここまでは簡単に分かったものの、その他不明

そこで、会社のホームページから直接問い合わせて、
場所や営業時間を聞きました←我ながらすごい執念だと思う(笑)

行き方、もしよろしければ参考にしてくださいね♪

イッサラヌパープをかなり進むと、Nguan soonの目印が見えてきます

こちらのお店が探していたスパイス問屋さん

いろいろとスパイスが並んでいるので分かると思う

小売りもしてくれて、手軽にスパイスが買えます
現地でしか入手できない?タイのカルダモンのほか、クミンや山椒、コリアンダーにカレー粉、
お土産にもいいトムヤムスープセットなども

ちなみに、私が買ったスパイスは▼コチラ▼

価格も分かりやすく表示されていて安心

この後、おしゃれなスパイスストーリーにも行きましたが
瓶に入ってとってもスタイリッシュ
お値段は10倍くらい違うけど、お土産にはぴったり♪

自分で使うなら、袋入りを中華街のお店で買って
スパイスラックが一番いいかな

お腹も空いたので、中華街のフカヒレランチへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする