念願のプラかご屋ともくもくのティエンハウ寺、ホーチミンその6

バスで行こうかと思いましたが
あまりの暑さにタクシーを捕まえてチャイナタウンのチョロンへ

目的は、プラスチック紐を使って作ったバッグ!
ホーチミンで絶対に行きたかったお店の一つです

バスターミナルの前に、目指す「CHI TU(チートウ)」はありました

あれ?看板が新しくなってる?!
促されるままに店内へ

日本人も沢山来るようですが、ベトナム語しか通じない様子
しかも、バッグが並んでいるのではなく
ぎゅうぎゅうに詰まった中から、自分で探すシステム(笑)

中は暑いし、かなりの根気が必要ですね~
ちなみに、埃っぽいのでウェットティッシュは必須です

コレ、ぜ~んぶプラスチック紐でできてる
とっても器用ですね

最近は、こちらの柄をよく作っているみたい
欲しかったカタチのバッグはなかったけれど、これも運

ちなみに、お店の中ではトランプしてるし、
真ん中?にある台所では炊事?
ねこちゃんや犬もおります・・・

私が行った時は、日本から業者の方が来ていて
大量に買いつけされていましたよ~

ちなみに、日本では10倍以上のお値段
ドンコイ通りでは2倍強で販売

沢山買う予定があるなら、絶対にチョロンのお店に来た方がオトクですね♪

お花柄?のバッグを4点と定番の大きなバッグ、
小さなハンドバッグ風のものを購入
お花柄は手間がかかるらしく高いですが、ベーシックなものは安いみたい

ちなみに、価格交渉は不可らしい

こちらが購入したバッグたち
軽いけれど、スーツケースに入れて持って帰るのが大変でした(笑)

ホコリっぽかったので、日本に帰国後
お風呂場でよ~く洗って陰干し♪キレイになりました

そのまま、チョロンのビンタイ市場に行こうと思ったけれど
暑くてまわる気力なし・・・

めずらしく旦那さまが寺を見ておきたいというので、
タクシーに乗って、近くのティエンハウ寺へ行くことに

天井にはうず巻き状のお線香がぶる下がっています
かなりモクモク状態

こうやって見ると、とても神秘的な感じ

ティエンハウ寺は、1760年に建てられたそう

龍がモチーフの装飾もきらびやか
小さいお寺ですが、凛とした空気がいい
少し遠いけれど、来てよかった

チョロンを満喫した後は、タクシーで市内へ
ランチは、たぷたぷの絶品小龍包をいただきに、
とあるホテルへとむかいました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする