週末、1時間のみの限定メニュー「スープ小籠包」!鼎泰豐本店、みんなで台北&バンコクその3

2日目は、朝7時に起床!
さすがに3時過ぎに帰ってきたK氏は眠そうだったけど朝から行動します~!

朝ご飯はついていたけど、コーヒーのみ
むかうは鼎泰豐本店です♪

約2ヵ月ぶりの本店訪問
混雑していない朝一が狙い目ですね

タクシーで到着したのが9時ちょっと前
オープンは9時だけど、すでに入店OKでした

まずは野菜を!と空心菜の炒め物
シャキシャキ食感にやさしい塩味
にんにくも強過ぎず、バランスの良い味付けに感動!

実はこの日一番食べたかったのが小籠湯包(スープに浸して食べる小籠包)
週末朝9時~10時までしか販売しない幻のメニューなんです

量が多いのでこの間はオーダーできなかったけど、4人なら大丈夫♪

さてさて、まずは黄金色のスープが運ばれてきました
身体の芯にじんわり響くような、やさしい味わい

いよいよやってきた小籠包
サイズはかなり小さめ、お肉を皮で包みこんだ感じかな

スープに浸していただきます♪

ぷちっと皮がはじけたあと、お肉の旨みがじんわり
そこに、スープの美味しさが追い打ちをかけるようにやってきます!

普通の小籠包ほどくどくなく、まさに朝ご飯にぴったり

いろいろ食べたいので、4人だけど全てハーフサイズでオーダー

ジューシーな蝦仁焼賣(エビしゅうまい)は美味!

この他に普通の小籠包と美しい擔擔麺も頼んだのに
食べるのに一生懸命で写真を忘れてしまった・・・(笑)

まるでお手本のような海老炒飯
パラパラのご飯に、ぷりぷりの海老、全体をやわらかくまとめる卵と
素材をいかす薄めの味つけ、バランスが完璧でした

最後のデザートは、もちろん芋泥小包(タロ芋の小籠包)!!
まったり、甘さ控えめのタロ芋餡をもっちりとした薄皮が包みます

朝から4人とも大満足!
鼎泰豐は質が安定しているし、
誰が食べても美味しい!と思う優しい味付けがうれしい

この後は、近くの市場や迪化街をお散歩です~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする