旨味がぎゅっと凝縮された、香りも美味しいフレッシュな種子さんのにんにく

前回は黒にんにくのお話を書きましたが、今日はにんにくのお話を

先日食べてとっても感動した、青森にある種子にんにく農園さん
今まで食べてきたどのにんにくとも違う、
旨味たっぷりのにんにくを作っていらっしゃいます

おじいさまの代から、青森県にある田子町で40年以上育てているそう
現在でも、日々美味しさや安全性を追求
品評会で最優秀賞を受賞されているとか

でも、どうしてこんなに美味しいにんにくができるのか気になりますよね

土づくりから、収穫後の管理まで、
にんにくを美味しくするための努力を徹底的にされているんです

まず、健全な土壌づくりのため、
大豆や米ぬかなどを使った、オリジナルのぼかし(有機肥料)を使用
何と一ヵ月半、毎日二回切り替え肥料を作るそう
手間暇かかってます

その他、ミネラルやカルシウムが豊富な化石サンゴの粉末を散布したり、
ワラの堆肥や牡蠣がら石灰を使って土壌を良くしているとのこと!

土だけではなく、収穫時期もポイントなんだそう

一定の糖度になったところで収穫、
温度を微妙に調節しながら乾燥処理した後、
一つひとつ手作業で皮むきを行っています

しかも、青森県知事よりエコファーマー認定を受け、減農薬を心がけているそうです
安心して食べられることの大切さ、
最近特に、食べ物を選ぶ上で重要だと私は思います

こんなにも大変な行程を経てできたにんにく、
美味しいのは当然ですよね

見るからにツヤツヤできれい♪

出来上がったにんにくは、キツイ香りが全くなく
水分たっぷり、フレッシュで優しい味わい
とってもみずみずしくて、切った瞬間びっくりしました

いろいろな調理法を試してみたので、感想を

まずは生から!
タイでは定番の
ニンニク入り卓上調味料のプリックナムプラーを作ってみました

にんにくがみずみずしいからか、しゃっきりとした食感
香りがやわらかで、お料理をひきたててくれる美味しさに

次は焼きにんにく!
ごま油をひいてお塩をふりかけ、アルミホイルに包んでみました
香ばしくとろっとするほどやわらかいにんにくの食感!

パクパクいくつでも食べられちゃう危険な美味しさ

シンプルに皮ごと素揚げし、お塩を振りかけて♪
まるでお芋のようにほっこりとしたにんにくの出来上がり
甘みも感じます

にんにくって今まで香りがキツイと思っていたんですが、
種子さんのにんにくは、旨味がぎゅっと凝縮されていて、香りも美味

にんにくパスタも作ってみました♪

そのままでも美味しいですが、
種子さんのにんにくをお料理に使うと
全体をまとめてくれるから不思議なんです

全く今までとは違う次元の美味しさの
種子さんのにんにくに出会って、
お料理の味付けやバランスのとり方がちょっと変わってきたかも?

種子さん、素敵なにんにくを作ってくださって
本当にありがとうございます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする