肉汁あふれるバイトゥーイの包み揚げ!9月のタイ料理教室その2

今月2回目のタイ料理教室ティッチャイタイフード
この日は、タイ人シェフのピーカオのレッスンでした♪

おもてなし料理にぴったりな揚げものと
ピーカオ家のタイ家庭料理2品の計3品のラインアップ!

メニューは・・・

☆ガイホーバイトゥーイ(鶏肉とバイトゥーイ包み揚げ)
☆パッマックアタオチオ(秋茄子のタオチオ風味炒め)
☆トムファックマナーオドーン(鶏肉と冬瓜のレモン風味スープ)

メインのお料理のガイホーバイトゥーイ、
実は旦那さまが大好きでぜひ習ってきてほしいとのリクエスト

ちなみにバイトゥーイとは葉っぱのことで、
英語だとパンダンリーフ

お料理はもちろん、お菓子の色付けなどにも使われます

漬け込んだ鶏肉をバイトゥーイの葉でくるくると三角に♪
はじめは難しかったけど、だんだんとできるようになりました~

特製ソースにつけていただきます

葉で包み揚げしているからか、中はジューシー
しっとりと仕上がるのが特徴

食べていて、シンガポールで食べたペーパーチキンを思い出しました
(ヒルマンレストランが有名ですね、手法は同じかな)

秋ナスのタオチオ風味炒めは、コクのある味付けでご飯がすすみます
バイホラパー(タイバジル)の香りがとても豊か

イタリアンバジルとタイバジル、やっぱり風味が違う
バイホラパーでないと、ここまで香らないかも?

豚肉入りでボリュームも満点♪

すっきりとした後味が印象的な、鶏肉と冬瓜のレモン風味スープ
冬瓜を含むとじゅわ~っと旨味があふれ出す
鶏肉もやわらか!しいたけのお出汁がきいてます

秘伝のレモン漬けがポイント

ただ、レモン漬けは作るのに少し時間がかかるので
代用品も紹介してもらいました

ということで、今回はレモンスープと代用品を使ったスープの2種類
どちらもそれぞれ個性があって美味しい

もう少ししたら、広く国産レモンが出回るので
無農薬のものをお取り寄せして、レモン漬けを作ろうと思います

品数がありすぎて、テーブルに乗りきらない~!
スープだけでお腹がいっぱいに

最後はバイトゥーイのお茶を

デザートまでいただき大満足♪

秋茄子のタオチオ風味炒めとスープは、
材料がすぐ手に入るので、さっそく復習かしら

ピーカオのお味、大好きです
ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする