1620分の36に当選!キルフェボン秋のタルト試食会♪

大好きなキルフェボンさんが秋のタルト試食会を開催!
応募総数は、1620組!!定員は36組なのでゼッタイ無理だろうなあと思っていたら
何と当選しました~!(我ながら感心するほどの食べモノ運・・・)

予定開催日は関東に台風が直撃したあの日
延期開催となりました

今回試食できるのは、4種類のタルト
わくわくしながら、母と一緒に伺いました

ちなみに、こちらの会は女性限定です

テーブルにつくと本日のタルトの解説が

普段何気なくパクパク食べておりますが、
何層にも重ねられた構造に秘密があったんですね

キルフェボンのパティシエールの方が、
まずは、説明してくださいました

こちらの試食会は、3回目だそう
いつも定番を選びがちなケーキですが
沢山の味を知っていただきたいとの思いから開催される運びとなったのだとか

実際、キルフェボンのケーキを購入するときは冒険はせず、
いつも見た目フルーツたっぷり系ばかりを選んでいたので
今回はいい発見ができました

おともの紅茶は、ダージリンのファーストフラッシュ

最初に、タルト生地の試食がスタート
なんとキルフェボンさんでは、30種類ほどのタルト生地
ケーキによって使い分けているそう!

カットした時に、崩れない配合となっていたのにも驚き!
今回は6種類いただきました

左上から
☆塩気のあるサクサク生地パートブリゼ
☆甘いビスケットのようなパートシュクレ
☆甘いクッキーのようなパートサブレ

と続きます

右上からは
☆パートブリゼにココナッツを加えたもの
☆パートシュクレにアーモンドを加えたもの
☆パートサブレにコーンフレークを加えたもの

となります
添えられているのは、発酵バターとクリームチーズ
どれも個性のあるタルト生地
私は、真ん中右のアーモンドを加えた香ばしい生地がお気に入り

ここで、いよいよケーキの登場!
通常のハーフカットくらいの大きさ?のケーキが4つ

【翠峰のタルト】は、福岡生まれのブドウを使用
収穫時期は一年のうちのたった2週間程度というから、
本当に貴重なフルーツなんですね

香り、味ともにすっきり
ぷりっとしたフレッシュな翠峰の味わいにびっくり

サワークリーム入りのカスタードクリームと
さくらんぼのブランデーが主役のブドウを引きたてます

【長野県産 ナガノパープルのタルト】は濃厚な味わい
見た目、ちょっと地味なのでいつもならセレクトしないかな?と思いつついただいたのですが
一番好みの味でした!

何といっても、生命力に溢れたブドウのお味に感動
ぷりっとしつつ甘味が凝縮、
ジューシーな仕上がりは、絶妙な火入れならでは

コクのあるブドウをアーモンド生地がきっちり受け止めてくれます

左のナガノパープルのお隣にあるのは、【甘酸っぱいリンゴのタルト】
肉質がしっかり、酸味のある紅玉をたっぷりを使用

リンゴの白ワイン煮やリンゴの生クリーム、
リンゴジャム、そしてリンゴ果汁入りプリン生地など
まるごとリンゴを使ったケーキです

食感、香りともリンゴ祭り!

【カボチャのブリュレ】のなめらかさにもうっとり
西洋かぼちゃの「えびす」を使用しているとのこと

甘くてホクホク、やさしい自然の甘さが感じられるつくり
ときどき感じるキャラメルソースと、
フレッシュな生クリーム、
そして味に深みをあたえるブリュレクリーム

秋にぴったりのタルトですね♪

キルフェボンさんのケーキを
一度にたくさん食べるなんて初めての体験!
シアワセでした♪

ちなみに、参加費は1,000円です
これからもこのような試食会をどんどんやっていきたい!
とお話されていました

HPで、ときどき募集しております

ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする