荘厳なワット・プラタート・ドイ・ステープ、チェンマイ&バンコクその19

標高1038m、山頂に佇んでいるのがワット・プラタート・ドイ・ステープ(ドイ・ステープ寺院)です
1383年にクーナ王によって建てられ、仏陀の遺骨も納められているのだとか

チェンマイに来たならば、ドイ・ステープ寺院は行かないと!
というくらい有名ですね

ケーブルカーを降りると、きらびやかな世界が広がります

タイのお寺はいろいろ行ったけれど、
その中でもドイ・ステープは特別なお寺になりました

まず、凛と張り詰めた雰囲気がいい
山頂ということもあるかもしれませんが、
意識しなくとも、背筋が伸びてしまう清々しさ

一つひとつ、繊細な装飾が施されています

境内はなかなかの広さ
じっくり見ると、割と時間がかかるかもしれません

とある場所に鶏の写真が!
ガイドさんに聞いてみると、
昔、靴でお寺に入る人がいて、それを見つけると足をつついて
靴を脱がせていた有名な鶏だとか

それはスゴイ!神のおつかいだったのかな

ガイドさんについて行き、とあるお部屋でお祈りをしていると
高僧の方がいらっしゃいました

何やら、手まねきをしている

前に座ると、念仏を唱えられて白い糸をいただきました
と、隣にいるお付きの人が
その糸を手に取ってまたまた何か唱えて
私の手首に巻きました
(お坊さんは女性に触れることはできません、旦那さまは直接まいていただきました)

お守りのようなもので、自然に切れるまでつけておくそう

一旅行者にも、こういった祈願をしていただき
ありがたい気持ちでいっぱい

旦那さまは、一日でとれちゃったけど・・・

見ているだけで、心が休まる

きらびやかなタイのお寺、初めてタイに行った時は
日本との違いにびっくりしたものです

まわりを囲む鐘、いい音

山頂にあるので、チェンマイ市内が見渡せます

トラの服?を着ております

ドアもとても美しい

さて、帰りは階段で!300段ほどあります

両側の細工もキレイ!緑が鮮やかですね

この後、ホテルに戻って一日プライベートツアーは終了!
本当に濃厚な一日でした~

ハイペースでまわったので、かなりの疲労度(笑)

夕ご飯は近くの市場で食べることにしました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする