今回のメイン!健康&美味、最強の鼎王麻辣鍋をご紹介、食べ台湾11

今回の旅が決まった時から、ぜひぜひ行ってみたいお店がありました

それは、台中に本店をかまえ、今や大人気の鼎王麻辣鍋(ディンワンマーラーグオ)
台北ナビの記事は▼コチラ

何でも、冬の時期は2時間待ちが当たり前のようで、予約は必須らしい
調べたところ、ネットではなく電話での予約のみなのが旅行者には難点~!

行った方は、台北の宿泊ホテルから電話予約をしてもらっているよう

だけど、滞在時間も短いので直前は予約がとれなそうだし
メールならまだしも中国語で電話予約なんてデキナイ・・・

いろいろ調べた結果、HPにフェイスブックアドレスを発見!!
ダメもとで、「旅行者ですが、ぜひ食べてみたいので予約をとりたい」
英語でメールしたところ、返信あり!!

しかし文章はオール北京語での返信(笑)
北京語のいいところは、漢字なのである程度意味が分かること!

翻訳ソフトも一応使って「予約歓迎!予約番号を持って時間の10分前にお店に来てください」
ということが判明
こちらのお店、予約をすると番号をいただけるので忘れずに!

以前は台北に一店舗しかなかったけど、HPを見ていたら
つい最近台北長安店という駅から近いお店が新たにできたようで
今回はこちらを予約しました

行きの飛行機で、前に座った台湾人のCAさんに
「台北では何を食べる予定ですか?」と聞かれたので、
こちらのお店をあげたところ
ここの火鍋はちょっと高いけど一番美味しい!」と言われたり
お店に行くまで利用したタクシーの運転手さんにも降りる時
「鼎王麻辣鍋は本当に美味しい!!いいね!」と言われたので、
台湾の人の中でもすごく有名なお店なんですね

夏だというのに、お店の前には行列が!予約していてよかった

ちょっと予約時間より早めについてしまったので
予約番号を名前を告げ、少し待ちました

店内はきれいで落ち着いた感じ
こちらは、店員さんの90度のお辞儀が有名なんですよね~
毎回大変だろうなぁといらぬことを思ったり・・・

私が従業員だったら、腰を悪くしそう(笑)

最初に出されたのは、本日のお茶

中身はオレンジティーでした

鼎王麻辣鍋東北酸菜鍋の2種類のお鍋がありますが、
今回は2つを楽しめる鴛鴦鍋をセレクトしてみました

辛さや酸味は選べるので、中辛と中酸で!

マーラー鍋は、漢方、野菜、フルーツなど30種類以上をブレンドしているのだとか!
油が少ないのもうれしいですね
完成するまでに10年以上かかっというから、スゴイ!

白菜鍋の酸味は天然酢
日本で言うと、白菜のお漬物の酸味に似ているかな

ちなみに、マーラー鍋には、お豆腐、鴨の血豆腐が、
白菜鍋には、トマトや白菜、春雨などの具が最初から入ってます

プラスして、自分好みの具をオーダーしていくシステム

お鍋が煮える前に、タレやご飯を取りにいきます

こちらはすべてセルフサービス
マーラーのたれは右で、ポン酢のような酸味を感じるさっぱりタレ
白菜鍋のタレは、腐乳を使っているからクリーミーでちょっとクセがあるけど、
お鍋と一緒に食べると不思議と合う

薬味のネギ!好きなので、たっぷり入れます♪

飲み物は、店員さんおすすめの梅ジュース
こちら、全てピッチャーなんです(大きすぎ)

お味は、一口飲むと漢方っぽく??となりますが
すっぱ甘い独特な味は、鍋と交互にいただくとクセになります(笑)

ちなみに、こちらのお鍋は特注!
熱伝導率がよさそう!私も欲しいな~

次々と具がやってきました

こちらは、おすすめのア・ワ・ビ!!!
なんと500円で食べることができるんです~

お肉はどちらにも合いそうな豚肉を
生きくらげ&くわいはぷるぷるとしゃきしゃき食感が美味

お団子類も注文、鍋に入れると思った以上に大きくなります

蟹だんごは、ところどころ殻がまじっていて
ガリっとするので、食べる時びくびくでした(笑)

味というより、我が家では食感が不評・・・

具材を入れて、出来上がり!
マーラー鍋は、さすが30数種類の食材を使っているだけあって、
食べれば食べるほど、奥深い

辛味や漢方を感じるのに、すごく食べやすいんです
スパイスの角がとれて、まるくなっているとでも言うのかしら
やさしく身体にすぅ~っと浸透していく感じ

白菜鍋は、自然な酸味でさっぱりといただける
油分カットも期待できるそうで、
マーラーと交互に食べれば、エンドレス(笑)

これを食べにまた台湾に行きたい!!

もっちもちの鴨の血豆腐!思ったより食べやすい

素晴らしいのが、スープ&スープに入ってる具材を常に継ぎ足してくれるサービス
食べても食べても減りません~(笑)

しかも、帰りは最初の量まで具とスープを入れてくれるうえ、お持ち帰りOKなのだとか
私たちは持って帰れませんが、現地の方はもちろんお持ち帰り
大きく重そうな袋をさげて帰っておりました
うらやましい~!!

2人とも歩くのが大変なくらい、食べすぎました
でも、健康的なお鍋だからいいよね、と言い聞かせてみたり(笑)

予約は大変だったけど、鼎王麻辣鍋(ディンワンマーラーグオ)に来てよかった!
ちなみに、お会計はこれだけ食べて1,500元(約4,000円)ほど
大満足でお店を後にしたのでした!

これで2日目終了!最終日はまたまた5時に起きて朝ご飯&金環日食見にあの場所へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする