当時の生活が垣間見れる邸宅、グラバー園♪博多&長崎その11

到着日は、ゆっくりと美術館に行こうと思ってたけど
なんと翌日は大雨予報・・・

雲行きはこの日も怪しかったけど、
とにかく晴れているうちに外の観光をしようとグラバー園へ急遽行くことに

坂道をひたすら登っていきます

途中で国宝の大浦天主堂が

ただ、時間がないのでここはパス!

グラバー園に到着!
すでに夕暮れ、17時ごろだったかな?
閉園は18時なので、ぎりぎり滑り込めた感じ

ただそれがよかったのかも?
この時間は修学旅行生や他の観光客もいなくてとっても静か
ゆっくりと園内をみることができました

見晴らしもいい♪

グラバー園は、トーマス・ブレーク・グラバーが暮らしていた邸宅などを見学できる
長崎定番の観光スポット
グラバーさんはキリンビールの前身をつくったそう

園内には洋館が9館ありました

入り口を入ると旧ウォーカー住宅があります

日本三大夜景の一つの長崎
もう少し暗くなってからのほうがキレイですね

旧三菱第2ドックハウスは大きな洋館
明治時代の一般的なつくりだそう
ちょうど光が点灯しました

大きな池には鯉がたくさん~

近くには泉もあり

木骨石造の建築が珍しい旧リンガー住宅

旧オルト住宅はお庭が素敵

旧リンガー住宅も旧オルト住宅も国指定重要文化財になってます

中はとてもモダンなつくり

グラバーさんのお家は、やっぱり一番立派でした

当時の食卓も再現されていましたよ♪
すごく豪華ですよね

いろいろと説明あり
150年も前に、このレシピがあったなんてすごいですね

18時ちょうどに見学終了
行きにみた大浦天主堂もまた違った趣に

帰りはちょっと遠くの駅で降りて、新地中華街をぶらぶら

まだお腹がすいていなかったので、温泉に行くことにしました♪
実は、夜景を見ながら温泉に入れる施設が稲佐山にあるんです

車じゃないと行けない場所だけど、長崎駅等から無料循環バスが出ているので便利

私たちは長崎駅から乗車しました
20分ほどで、ふくの湯
とってもきれいで広くて、お客さんはほとんど地元の方
金曜日の夜だったので、特にそうなのかしら?

夜景を見ながらの露天風呂は最高!
ヒノキ風呂や炭酸風呂などいろいろな種類がありましたよ~

疲れもとれたので、元気いっぱい♪
これから夜ご飯に出かけます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする