ココロが豊かになる和菓子!能登・金沢旅行、その4

金沢で楽しみにしていたもの、それは和菓子
今回も素敵なお店に出会いました

ずっとずっと気になっていた和菓子は吉はしのもの

実は、お茶席用の注文菓子が専門で小売はしていません
金沢市内の喫茶店で、何店舗か取り扱っているお店があったので調べて行ってきました!

今回お邪魔したのは、「漆の実

もちろん、吉はしのお菓子 抹茶付き 700円を注文

この日のお菓子は「春の雪
食べた瞬間、突き抜けるようなヨモギの香りで口の中がいっぱいに

この体験は、衝撃的

和菓子でこんなにも季節や五感を刺激してくれるとは!
食べ終わるのが、惜しいと心から思える、芸術的な和菓子です

口にできただけで、金沢に来た価値はあったかも

弟オーダーの抹茶クリームぜんざい 750円
美味しかったそうです

しかけがいっぱいの「妙立寺」は観光で

目の前にあった、和菓子屋さんがいい感じだったので入ってみました

お店の名前は「もち処 さいだ

ショーケースには、素朴な和菓子がずらり
どれも100円ちょっととお手ごろなお値段

手の込んだ、やさしい味わいの桜餅が印象に残りました
きっと、地元の人に愛されている素敵なお店♪

お土産は、「あめの俵屋」で購入
なんと、創業が天保元年というから驚き

砂糖ではなく米と大麦の甘さだけで作られた、自然の味

歴史を感じる店構えも素敵
あめはお料理に使いたいと思います!

今日も、ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする