「かにめん」は事件です!能登・金沢旅行、その5

さて、金沢最後の夜ご飯
金沢のおでんが食べたくて、大衆割烹の大関に伺いました

趣ある店構え!中に入るとおでんがど~んと出迎えてくれます!!
わぁ~、何から食べようか迷っちゃう!!

どうしても食べたかったこの時期ならではの香箱がに(ずわいがにの雌)のおでん!
「かにめん」といって1個のお値段は他のネタよりかなり高く、1,000円
身のほかに、かに味噌、内子などぎっしり詰まっています!

まず感じたのは、濃厚な旨み!ぎゅぎゅ~っと全身でかにを感じます!
お値段にも納得~

味がたっぷり染み込んだ大根も美味

一品料理も気になったので、頼んでみました
蓮蒸し 1,200円くらい?

料理長が、目の前でザッザッと蓮をすり、蒸してくれました
蓮の下には、うなぎ
そして上には、とろ~りとした上品なあんがたっぷり

コレ、相当好みです・・・

もっちりした蓮とうなぎの絶妙なバランス
薄味のあんとの相性もばっちり!

金沢に行ったら、また寄りたいなぁ

あ、金沢ではもちろん観光もしましたよ(笑)

金沢21世紀美術館」では、運良くオラファー・エリアソン展をやっていて、光に翻弄されてきました

有名なプールの作品も体感できて大満足

昔ながらの街並みの西茶屋街

こちらは、東茶屋街

これで、能登・金沢旅行記は終了です!
お付き合いいただきありがとうございました~

美味しいものに始まり、美味しいもので終わったような・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする