奇福扁食でワンタンを♪2018GW5月台北(子連れ旅行)その9

ランチが遅かったので、夜ご飯も遅め&軽めがいいな、と思って選んだのが
ホテルから徒歩5分くらい?のところにある奇福扁食さん
★旅々台北の記事★

扁食=ワンタンがメインのお店です
ちなみに閉店時間は20時と少し早め

ホテルへ荷物を置いて、急いで出かけました

お店はとてもきれいで広々としているので、
子連れでも安心して訪問できるのがうれしい

メニュー表に自分で記入するシステム

鮮肉は豚、鮮蝦は海老、干貝はホタテ、魚は海のものを意味します
それぞれ、上から1ワンタン、2ワンタンメン、
3ワンタンあえ麺、4辛い味の和え物となっているので
お好みの組み合わせを頼めばOK

私たちは、海老ワンタンあえ麺とホタテワンタン麺を注文

途中で、日本人だと気づいて、日本語メニューを
もってきていただけました

店内は、ジャージャー麺?らしきものを食べている人が多かった
とっても気になります・・・

ちなみに、飲み物はないので
近隣のコンビニやスーパーで買って持ち込みます

前菜は、冷蔵庫から自分でセレクト
きくらげの和え物は、ピリ辛

台湾のきくらげは肉厚で美味

さて、海老ワンタンあえ麺がやってきました!
ぷりっぷりのワンタンは存在感バツグン

肉そぼろもついていて、麺とあえると最高です
味付けも濃すぎずちょうどいい感じ

特に息子が気に入ったようで、
そこまで量は多くないけれど、完食する勢いで食べてました(笑)

反対側からみた写真
ちなみに、そぼろご飯のみもあります

ホタテワンタン麺のワンタンは、
ホタテ貝の存在感がスゴイ!

ワンタン一つにつき、一つ貝柱が入っているので
かなりのボリューム&お得感

スープはセロリがきいていて、非常にあっさり&すっきりとしたタイプです
ラー油や黒酢など、何か調味料を足した方がよかったかもしれません
↑息子がいたのでどちらも追加せず、
食べっぷりがすごかったので、息子用に一つ頼めばよかったと後悔・・・

どちらかと言われたら、我が家は迷わず乾麺(和え麺)派
ただし、やっぱりスープが欲しいな~となりそう

店員さんもすごく感じのいい方ばかりで、
気持ちよくお食事できるのもいい

一日目はここで終了、朝から沢山活動したのでぐっすり就寝です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする