The Corner House ザ・コーナー・ハウス(安居・台北)客室編、2018GW5月台北(子連れ旅行)その4

絶品豆腐乳を買った後は、タクシーでホテルへ
今回は、大安森林公園近くの
The Corner House ザ・コーナー・ハウス(安居・台北)に4泊しました

ホテルというよりは、サービスアパートメント寄りの宿泊施設です

選んだポイントは

・駅、バス停から近いこと
・ランドリー完備
・できればキッチン付き
・お部屋は広め
・行きたいお店が多かった東門・大安周辺
・子供が遊べる大きな公園前

で、比較的価格がお手頃だという点

さらに、24時間利用可能なラウンジ(ドリンク・お菓子)に加え、
ジムや朝食付きでした

外出することが多い予定だったので、
ホテルライフの充実度よりも、便利でお手頃な宿をセレクト

価格が高騰する台北のホテルで、
何と一泊2900元というお安さ(一万円とちょっと)です

長期利用者用なので、団体旅行の利用がないのも好みでした
ホテルの手厚いサービスというより対応は非常にさっぱり

ですが、不親切というわけではないので、
台北リピーターの方や海外旅行によく行かれる方におすすめです

MRT大安森林公園駅の1番出口からすぐだけれど
エスカレーターやエレベーターがないので
大きな荷物がある場合や疲れているときは6番出口を

複数のバス停からも近く、とっても便利

7階建てで、客室数は多くありません
アサインされたのは、2階の客室でした
(低層階でしたが、エレベーターが一台しかなく
混み合っていることもあったため、結果的には便利)

予約したお部屋は、スーペリアルーム
お部屋の広さは約30平米で、圧迫感はなし

お掃除はきちんとされていて、とても清潔
2010年オープンなので、設備も全体的に古くありません

カーテンを閉め切っているので、写真が暗いですが・・・

こちがらキッチン周り
思ったよりも広かったです

ちなみに、3歳ちょうどの息子を連れての今回の子連れ旅、
持って行って便利だったものは

・キッチン用洗剤、スポンジ、キッチンペーパー、ラップ
・各種サイズのジップロック
・子供用歯ブラシ、調理用ハサミ、子供用お箸
・子供用の簡易便座(大人用の便座の上に置くタイプ、
ゴム製で、薄くてすぐ洗えるものです)

くらいかな?

使わなかったけど、電子レンジ完備

お鍋やスポンジ等もありました
(洗剤、スポンジは持参したけど)

冷蔵庫はちょっと小さいタイプで残念

一応、お皿もありました

無料のミネラルウォーター(2本)は、毎日補充あり

ラウンジでいつでも、いろいろな飲み物がいただけたので
快適に過ごせました

ベッド横にはソファも

スーペリアルームはシャワーのみなので
バスタブでゆっくりしたい方は
ランクが上のバスタブ付きのお部屋がおすすめ

眺望ですが、ビルの間に挟まれていたため
ずっとカーテンを閉めて過ごしました

街のど真ん中という立地を考えると仕方ないかも・・・

アメニティは一通り揃っています

お部屋の構造上、ちょっと湿度が気になりましたが
(シャワールームの上があいているから?)
空気清浄機があるので、ある程度改善あり

宿の方もフレンドリーで、心地よい接客だったので
総合的にみれば、とても満足です

朝食やラウンジ、その他設備は別の機会に~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする