パンダも待ち時間ゼロ!台北動物園へ、2018GW5月台北(子連れ旅行)その10

ずっと気になっていた、台北動物園にやっと行ってきました!
ホテルで朝ごはんを食べた後、文湖線に乗って「動物園」駅で下車
中心地からアクセスが良いのもうれしい♪

朝9時から開園しているので、時間も有効活用できます
ちなみに、入場料は60元(200円ちょっと)とリーズナブル

6歳未満の幼児は無料です

実はこの日の天気予報は曇りときどき雨
迷ったけれど、週末は混むというので
雨が降らないことを願って決行

結果、雨には降られず
気温も低かったので快適に見ることができました

入園後、すぐ右にあるビジターセンターへ、ベビーカーを借りに行きます
身長は105センチ、20キロ以内のお子さんならOK

お値段は一台50元(200円弱)、その他借りる際に
デポジットとして1000元を預けます
(返却時に戻ってきます↑)

借りたのは、こちらのB型ベビーカー
動物園は広いので、やっぱりあると楽

後述しますが、園内のシャトルバスにもそのまま乗れるので
迷っているならレンタルがおすすめ

まずは、エントランス近くにあるパンダ館へ~!
ちなみにこちらのパンダ館、
毎月第一月曜日は休館なのでご注意を!

外にもパンダさんがいますが、中にも♪
上野は混んでいるけれど、台北は待ち時間ゼロ

ただし、週末は混雑していて
整理券を配られることがあるそうなので、
可能なら平日の訪問をおすすめします

いました~!じっくり観察♪
2階はパンダカフェ?みたいのがあってゆっくり鑑賞できそう

私は盛り上がったものの、息子は「かわいいね」と一言のみ・・・

お土産コーナーも大充実していました

台北在住の方のブログをみていたら、
動物園はずっと上り坂になっているとのこと

園内のシャトルで一番上にのぼり、
その後下って見ていくのが鉄則!とのことで
我が家も園内シャトルを利用しました

お値段は5元、校外学習かな?
たくさんの小学生も来ていたけれど
みんなシャトルを利用していました

一度にたくさん乗れるうえ、頻繁にくるので
待ち時間もそんなにありません

下ってくるだけでも、盛りだくさんで疲れたので
知らずにずっと登り坂だったら・・・と想像するだけで(泣)

シャトルを降りると、鳥園があります
ジャラジャラ?をくぐると広い鳥の世界が!

ちなみに柵はなく、放し飼いにされているので
本当に間近で鳥が見れます

これには、私たちはもちろん息子も感動!

歩道があるので、道なりに歩いていくと
いろいろな鳥さんとの出会いが♪

クジャクだって、目と鼻の先

私はダメだけど、息子が一番喜んでいたのは
両生昆虫類館でした

これを見てから、「ヘビ見たい!」と常に言うように・・・

平日&雨予報とあってか、園内はガラガラ
スムーズにまわることができました

ゾウさんも♪おしりのショットでごめんなさい

園内にはリス?も沢山いて、
歩いているとたくさん横切っていきます

このほかにも、アフリカ動物区、温帯動物区、
オーストラリア動物区、砂漠動物区、アジア熱帯雨林区、
虫の谷、コアラ館などなどいろいろなゾーンがあり、
子供はもちろん、大人もたっぷり楽しめる台北動物園

正直、夏の炎天下ではつらいかもしれないけれど
それ以外の季節だったら、のんびり遊べそう

我が家はささっと見て、3時間くらいかな?

この後、いったんホテルに帰ったら
疲れていたのか息子はお昼寝

お昼は、食べに行こうと思っていた朱記餡餅粥店の本店で
旦那さまにお持ち帰りを買ってきてもらい、ホテルで食べました

写真はないけれど、どば~っとあふれ出す看板商品の牛肉餡餅や
きゅうりと葱の食感が印象的な牛肉捲餅

やさしい味わいの小米粥も美味

スープと麺が別々に出てくる清燉牛肉麺は、
臭みが全くなくコクのあるスープが最高でした

本当はお店で食べた方が美味しいかもしれないけれど、
どのお料理も十分美味しかった

ちなみに、本店はホテルから歩いて10分ほど
息子も美味しそうに食べてました♪

お昼寝の後は、お買いものに出かけます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする